練馬駅近くのしんむら歯科医院のCTスキャンとセファロを紹介

当院の低被ばく線量と高精細な画像を提供するCTスキャン

/

歯科治療は正しい診断からがスタートです

当院では、より精密な治療をするためにシロナ社の「ORTHOPHOS XG 3D」という世界的なシェアを誇る高性能のCTシステムを導入しております。来のCTは部分的な撮影しかできず、全顎を撮影するには複数に分ける必要がありましたが、このCTスキャンは高解像度の全顎撮影ができるので、より精度の高い診断が可能になります。

CTスキャンを導入することにより、通常のレントゲン写真と違い3Dの解析ができるるため、より正確に精密な診断が可能になります。また、院内にCTスキャンがあることにより、撮影⇒解析⇒診断が格段に迅速になり、患者様の負担とドクターの初期診断のスピードが速くなり、治療がより円滑に行うことができます。

当院のCTスキャンの特徴
Point.1 低被ばく量を実現
通常のレントゲンや医科用CTスキャンにくらべて放射線量の低被爆を実現したCTスキャンです。

Point.2 高精細な画像を提供
1回の撮影で高解像度の全顎撮影ができ、迅速かつ精度の高い診断ができます

Point.3 矯正歯科治療に必須なセファロ
矯正歯科治療の診断に不可欠なセファログラム(頭部X線規格写真)撮影も可能です。

CTスキャンと歯科治療

CT画像からは、骨の形や欠損状態がわかるだけでなく、神経の位置や向きなどもしっかり把握できますので、様々な歯科治療に有効です。

特に、以下のような治療で役立っています。

治療 1 インプラント治療
治療 2 根管治療
治療 3 歯周病治療
治療 4 抜歯
治療 5 矯正治療

/

矯正治療に必須なセファログラム

/

当院では矯正歯科治療に不可欠なセファロを導入しています

頭部X線規格写真(セファロ)は、通常は一般の歯科医院にはない、矯正歯科用の特別なレントゲンで、顔の骨格を調べるためのものです。

たとえば、出っ歯の原因は、「上のあごが出ているの?」、「上の歯が出ているの?それとも、下のあごが小さいの?」、「下の歯が引っ込んでいるの?」といったことを、このレントゲンで判断します。

成長期の患者さんでは、時期の異なる2枚の写真から、成長の方向と量を知ることができ、さらには具体的な治療に対する反応もある程度予測することができます。

また、治療中に好ましくない変化が起きたときに、治療前の写真と比較することで、原因が特定でき、的確な対処ができます。

Website Creation by GlobalUnity