練馬駅近くのしんむら歯科医院は精密な根管治療を得意としています。

根管治療

なぜ根管治療が必要なの?

根管治療とは一般的には歯の根(根管)についての治療の事を指します。

歯の中には歯髄(神経)という軟らかい組織があり、根管の先のほうの小さな細い孔(あな)で、顎骨の中の神経や血管とつながっています。この歯髄が悪化した虫歯や外傷で、細菌の感染を受けたような場合には、歯がひどく痛んだり、歯肉が腫れたりします。このような症状を改善させるには歯髄を除去して歯を残す治療をしなければなりません。これが根管治療と言います。

//

根管治療をしないと抜歯になるかも!?

この病巣を根管治療しないでほおっておくと、最悪のケースとしては抜歯も余儀なくされます。根管治療は皆様の歯を残すうえでは非常に重要な治療です。

根管治療の原因は?

歯髄炎の場合:(治療法⇒神経を抜く根管治療)
虫歯は放っておくと、虫歯は深くまで進んで神経(歯髄)に達して、歯がしみたり、痛んだりします。これを歯髄炎といいます。歯髄が細菌に感染してしまったということです。
根尖性歯周炎の場合:(治療法⇒神経が無い歯に対して行う根管治療)
虫歯や打撲などによって神経が死んでしまった時や、根の治療を途中のまま時間が経ってしまった時や、以前に神経をとっている歯がなんらかの原因で感染を起こしてしまったときに根の先端(根尖)に膿が溜まってきます。このまま放置するとだんだん痛くなってきます。

当院の精密な根管治療の特徴

ニッケルチタンファイルで成功率を向上

根管治療をする際に歯髄を除去する細い針金のようなファイルという器具を使用します。

通常の保険診療ではステンレスのファイルを使用します。しかし、根管の内は常に真っ直ぐとは限りません。人によって千差万別で不規則に曲がっている場合がほとんどです。そうした根管の先端まで確実に治療するには、弾性のあるニッケルチタン製のファイルを使う必要があります。保険診療のステンレス製のファイルは弾力性がないので、曲がった根管内の治療には限界があるのも事実です。ニッケルチタンファイルを使用することで治療の成功率を向上することができます。

//

Website Creation by GlobalUnity